宝塚市山手台の動物病院『宝塚まりも動物病院』犬・猫を中心に、各種予防、一般内科、一般外科、健康診断、セカンドピニオン、歯科、腫瘍科等にも対応します。些細なことでもお気軽にご相談ください。
お気軽にお問い合わせください
TEL 0797-89-2200
兵庫県宝塚市山手台西3丁目2-34診療時間>> アクセス>>
患者さんとそのご家族に寄り添う診察を行い、飼い主様のなぜ?を減らします スライドイメージ

― 泌尿器科 ―
おしっこ、腎臓の病気

  • ホーム »
  • ― 泌尿器科 ―おしっこ、腎臓の病気

こんな症状はありませんか

  • トイレの回数が増えた
  • おしっこの量が増えた
  • トイレの時に鳴く
  • おしっこの色が赤い、薄い
  • お尻周りをよくなめる

上記の症状に心当たりがある場合は愛犬、愛猫が泌尿器系の疾患にかかっている可能性がございます。

泌尿器系の病気について

泌尿器は、上部泌尿器と下部泌尿器に分けられます。上部泌尿器は腎臓と尿管、下部泌尿器は膀胱と尿道です。若い時に多い疾患、高齢期に多い疾患それぞれありますが、高齢期になると増えてくる傾向にあります。

ワンちゃんで多い泌尿器疾患

  • 細菌性膀胱炎

    膀胱炎の原因は色々ですが、ワンちゃんの場合は細菌による膀胱炎が大半を占めます。症状はトイレの回数が多い、尿の色が濃い、排尿姿勢をとるがおしっこが出ない、陰部をよくなめるなどがみられます。
    なかなか治らない膀胱炎は単純な細菌性ではなく、結石が原因になっていたり、先天性の疾患が隠れている可能性があります。

  • 尿石症

    腎結石や膀胱結石です。尿道や尿管に流れて、尿路閉塞を引き起こすこともあり、急性腎不全に進行することもあります。尿路結石はほとんどがストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)かシュウ酸カルシウムですが、犬種や年齢でなりやすい結石のタイプが異なります。特にシーズーやシュナウザーでよく見られます。

  • ネコちゃんで多い泌尿器疾患

  • FLUTD

    ネコちゃんは下部尿路疾患が非常に多く、総称してFLUTD(猫下部尿路疾患)と呼ばれることがあります。膀胱結石、尿道結石などの尿石症や特発性膀胱炎などが多くみられます。ネコちゃん全体の50%の子がかかる病気で、特に秋や冬の寒い時期に増える疾患です。結石が尿道に詰まると手術が必要になることもあります。

  • 慢性腎臓病

    シニア期から増え始め、10歳以上のネコちゃんの30%、15歳以上のネコちゃんの60%が慢性腎臓病とのデータもあります。高齢のネコちゃんの死亡原因の常に上位にあります。以前は腎臓の7割以上が障害されるまで発見が難しい疾患でしたが、近年の研究でより早期に発見できるようになりました。血液検査や尿検査を合わせて判断します。

当院の泌尿器疾患の治療実績

先天性腎疾患(低形成)

腎臓低形先天的に生まれつき片方の腎臓が小さいまま成長せず、腎臓の機能がうまく発揮できない病気です。腎臓は体の左右にありますが、人では腎臓移植があるように、元々腎臓は一つでも生活できます。そのため片側性の場合、初期にはなかなか発見されず、進行してからか、もしくは定期健康診断の腹部エコー検査などで発見されます。
この子は避妊手術後に体調が悪くなり発覚しました。手術前の血液検査では異常はなく、体調を崩した手術後に腹部超音波検査を行い腎臓低形成と診断されました。右の腎臓は正常な大きさですが、左の腎臓は小さく正常に成長していません。診断が付いてからは適切な食事療法と定期的な点滴治療、サプリメントなどで元気に過ごしています。
(写真の赤線で囲んだ部分が腎臓です。)

会陰尿道瘻

会陰尿道瘻会陰部(肛門の下あたり)に尿道の出口を作る手術です。特に男の子のネコちゃんでやることが多い手術です。オス猫の尿道、特に陰茎尿道は非常に狭く、尿道結石が多く詰まる部位です。何度も閉塞を繰り返すと、尿道が損傷しさらに狭くなり、おしっこが出なくなってしまいます。そのため、骨盤部分の太い尿道を引っ張ってきて、会陰部に尿道の出口を作る手術をしないといけなくなる場合があります。この手術は膀胱炎を直したり、結石が出来なくなるような手術ではなく、尿道結石が詰まらないようにする手術です。この手術だけではなく、食事療法なども併用して治療を行っていく必要があります。

当院の治療の流れ

泌尿器の病気と言っても、年齢や性別、品種などによって、かかりやすい疾患、かかりにくい疾患があります。まずはしっかりと問診と身体検査を行い、飼い主様の不安と疑問が解消できてからの処置となります。少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。解決できるまで何度でも説明します!

1 初めての来院時

まずはしっかりと問診と一般身体検査をし、泌尿器の状態を把握します。年齢や性別、品種によって、かかりやすい病気が違うため、まずは必要な検査を見極めるため、しっかりお話しします

2 検査

泌尿器系の疾患で主に行われる検査は、下記の通りです。

  • 血液検査

    腎臓の病気や脱水の程度を見ます。泌尿器以外の病気で、血尿が出る場合もあるので、その可能性もチェックします。

  • レントゲン検査

    腎臓や膀胱の大きさや尿路結石などを確認します。

  • 超音波(エコー)検査

    腎臓の中の状態や膀胱の中の状態を確認します。レントゲン・超音波検査、それぞれに得手不得手があるので、それぞれの苦手な部分を補いながら検査します。

  • 尿検査

    尿の状態や結石の有無を検査します。

3 治療

検査で疾患が確定すれば治療を行います。疾患に応じて、内科治療、外科治療を行います。腎臓は再生能力の弱い臓器です。慢性腎臓病は生涯にわたる治療が必要です。また、膀胱炎や尿石症などは再発率が高く、治療後も定期検診は欠かせません。

各種クレジット、ペット保険、ご利用いただけます。 よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら

診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~19:00

…手術、検査、予約診察受付終了:19:00(19:00以降の受付は時間外・救急料金がかかります)

休診日火曜

お気軽にお問い合わせください

TEL 0797-89-2200

〒665-0886 兵庫県宝塚市山手台西3丁目2-34

阪急宝塚線「山本」駅 『北出口』より阪急バスへ乗車
阪急宝塚線「山本」駅より ・85系統[宝塚山手台三丁目]  ・85系統[宝塚山手台三丁目経由五月台循環]  ・84系統[山手台芝桜公園前]  「宝塚山手台中央」停留所で下車
PAGETOP
Copyright © 2020 宝塚まりも動物病院 All Rights Reserved.
Powered by マイ@ドクター
ホームページ内の文章、写真の無断転載を禁じます
インターネット予約はこちら ページTOPへ戻る