宝塚市山手台の動物病院『宝塚まりも動物病院』犬・猫を中心に、各種予防、一般内科、一般外科、健康診断、セカンドピニオン、歯科、腫瘍科等にも対応します。些細なことでもお気軽にご相談ください。
お気軽にお問い合わせください
TEL 0797-89-2200
兵庫県宝塚市山手台西3丁目2-34診療時間>> アクセス>>
患者さんとそのご家族に寄り添う診察を行い、飼い主様のなぜ?を減らします スライドイメージ

― 泌尿器科 ―
おしっこ、腎臓の病気

  • ホーム »
  • ― 泌尿器科 ―おしっこ、腎臓の病気

こんな症状はありませんか

  • トイレの回数が増えた
  • おしっこの量が増えた
  • トイレの時に鳴く
  • おしっこの色が赤い、薄い
  • お尻周りをよくなめる

上記の症状に心当たりがある場合は愛犬、愛猫が泌尿器系の疾患にかかっている可能性がございます。

泌尿器系の病気について

泌尿器は、上部泌尿器と下部泌尿器に分けられます。上部泌尿器は腎臓と尿管、下部泌尿器は膀胱と尿道です。若い時に多い疾患、高齢期に多い疾患それぞれありますが、高齢期になると増えてくる傾向にあります。

ワンちゃんで多い泌尿器疾患

  • 細菌性膀胱炎

    膀胱炎の原因は色々ですが、ワンちゃんの場合は細菌による膀胱炎が大半を占めます。症状はトイレの回数が多い、尿の色が濃い、排尿姿勢をとるがおしっこが出ない、陰部をよくなめるなどがみられます。
    なかなか治らない膀胱炎は単純な細菌性ではなく、結石が原因になっていたり、先天性の疾患が隠れている可能性があります。

  • 尿石症

    腎結石や膀胱結石です。尿道や尿管に流れて、尿路閉塞を引き起こすこともあり、急性腎不全に進行することもあります。尿路結石はほとんどがストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)かシュウ酸カルシウムですが、犬種や年齢でなりやすい結石のタイプが異なります。特にシーズーやシュナウザーでよく見られます。

ネコちゃんで多い泌尿器疾患

  • FLUTD

    ネコちゃんは下部尿路疾患が非常に多く、総称してFLUTD(猫下部尿路疾患)と呼ばれることがあります。膀胱結石、尿道結石などの尿石症や特発性膀胱炎などが多くみられます。ネコちゃん全体の50%の子がかかる病気で、特に秋や冬の寒い時期に増える疾患です。結石が尿道に詰まると手術が必要になることもあります。

  • 慢性腎臓病

    シニア期から増え始め、10歳以上のネコちゃんの30%、15歳以上のネコちゃんの60%が慢性腎臓病とのデータもあります。高齢のネコちゃんの死亡原因の常に上位にあります。以前は腎臓の7割以上が障害されるまで発見が難しい疾患でしたが、近年の研究でより早期に発見できるようになりました。血液検査や尿検査を合わせて判断します。

診療時間
 9:00~12:00
13:00~16:00
16:00~19:00

…手術、検査受付終了:19:00(19:00以降の受付は時間外・救急料金がかかります)

休診日火曜、祝日午後

お気軽にお問い合わせください

TEL 0797-89-2200

〒665-0886 兵庫県宝塚市山手台西3丁目2-34

阪急宝塚線「山本」駅 『北出口』より阪急バスへ乗車
阪急宝塚線「山本」駅より ・85系統[宝塚山手台三丁目]  ・85系統[宝塚山手台三丁目経由五月台循環]  ・84系統[山手台芝桜公園前]  「宝塚山手台中央」停留所で下車
PAGETOP
Copyright © 2022 宝塚まりも動物病院 All Rights Reserved.
Powered by マイ@ドクター
ホームページ内の文章、写真の無断転載を禁じます
インターネット予約はこちら ページTOPへ戻る